So-net無料ブログ作成
格闘技 ブログトップ

朝青龍 [格闘技]

平成の大横綱散る。

いうまでもなく技と体は角界でも史上最j高レベル。ただ、横綱としては心が足りなかった。

他競技でも間違いなく、トップレベルとして名を馳せたでしょう。
相撲という特殊な世界、横綱でなければ、謝罪でだけで済んだかもしれない。

平成最強最大のアンチヒーローが土俵を去るのはいささかさびしいですね。
相撲人気が落ちなければいいが。。。。

朝青龍の姿はもう見ることはできないのか。。。。。。? 



絶対王者?? [格闘技]

何事も無かったように、セームシュルトの4回目の優勝が決まった。
全て1RKOの圧勝で、「絶対王者」の名を揺るがすものは今大会では出なかったようです。

シュルトの何がすごいのか??

スピード?いやいやむしろ遅いほうでしょう。

技術?とてもテクニシャンといえるレベルではないでしょう。むしろ動きは直線的で単調。

パワー?、確かに130kgから繰り出されるパンチ力やキック力はあると思われる。
ただし体重は乗り切っていないので最大のパワーは発揮できていないと思うが。

シュルトの最大の武器は、ズバリでかさ。212cm/133kg ヘビー級といえどもこの体格はあまりいない。

格闘技において強さを決める最大の要素は体重である。

歴史が全てを物語っている、ライトヘビー級のチャンピオンが幾度と無くヘビー級挑戦に失敗している姿を何度の見てるし、自然界ではもっと明白。どんなに速くて強い豹でも、獅子や虎には勝てません。

でもシュルトはあまり打たれたことが無いゆえか、あごがもろい。そして顎にもらわないように体重を乗せず、顔面を相手から遠ざけて戦う。

勝つには多くのファイターが試しているようにインファイトしかない。でもタイソン張りのダッシュ力がないときついかもしれませんネェ。

体重が最重要なら、「曙」は?とか聞かないように。
重いけど鎧を着て戦っていますからねぇ。。。。。。。。
筋力相応ではないということです。



ふがいない大関陣 [格闘技]

出張から帰ってくるとちょうど、大関以上の取り組みが始まるところだったので、そのまま最後まで見た。
大関陣、ふがいないね。

琴欧州
苦手豊ノ嶋に一方的に押し出され、優勝の戦線から二歩後退。立ち合いでのかち上げではむしろ有利化とも思えたが、そのあとはいいところ無し。負けても悔しがることなく笑っていた。これでは、、、北の富士氏にも笑っている場合ではないと酷評されていた。
仮にも優勝戦線に絡んでいる大関のとる態度ではない。9勝3敗

琴光喜
全く脚が動いていない。あれでは、これまたこれでこれからの横綱にどうやって勝つのかと、酷評されていた。
7勝5敗

日馬富士
奇襲で朝青龍を降すも、これで6勝6敗の5分。負け越し角番もあるかな。。

魁皇
地元でも元気なし?
幕内最多勝利がかかるこの場所。千代の富士を超えられるか。
その裏で千代大海の角番記録を超えられるのも魁皇だけ。

横綱/大関7人で日本人は3名だけ(千代大海は降格決定だが)。やはりさびしい限りである。
客の入りもいまいちでしたね。



大関陥落! [格闘技]

千代大海の大関陥落が決まった。

両横綱との対戦前に6敗していては、さすがに無理ですね。陥落を決めたのが横綱朝青龍というのが慰みか。。

大関在位64場所は歴代1位。輝かしい記録の裏には、角番14場所や皆勤場所での大関13敗という不名誉な記録も多い。

怪我や糖尿病で苦しんだこともあるだろうが、モチベーションの欠落が大きいのではないだろうか。

場所前の「初場所6敗したら引退」は大関が言うべき言葉ではない。完全に今場所はあきらめていたのでしょうね。

さすがに引退濃厚でしょう。



K-1 MAX [格闘技]

観たのは3試合だけ。

○アンディサワー vs リーロイケスナー●

全てにおいてサワーが勝っていた。ごく当然の結果。ケスナーは21世紀の暴君にはまだ程遠い。体を作ってきてください。


◎ペトロシアン vs チンギスハン●

ペトロシアンは注目の選手だけあって、レベルの高い技術を持っているようだ。スピードはあまり感じなかったが、その距離感、当て感は非凡なものを持っている。サウスポーだし、面白い存在。12/31に対魔娑斗あるかも。。。

●佐藤嘉洋 vs ドラゴ○

完全なスタミナ切れ。魔娑斗戦もそうだったが、エクストララウンドはめっぽう弱い。確かにきついだろうけどね。
明らかにスタミナ切れとわかってしまうのはマイナス要因。これでは打倒魔娑斗は遠いな。
自らも言っていたようにこのままでは「永遠に魔娑斗選手の下」という位置づけから逃れなれないですよ。

谷川Pはもう一度チャンスをくれるようだけど、、、、魔娑斗選手はあまり興味がなさそう。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村



K-1甲子園 [格闘技]

K-1甲子園がダイナマイトで行われた。

準決勝からで、優勝のHIROYA、卜部、嶋田、日下部の4選手。

K-1甲子園が何kg で行われるかは知りませんが、少し体格差があったような気がした。
日下部君と嶋田君はまさに体格差に負けたような感じだった。

日下部君は、空手11冠の天才少年という触れ込みだったが、卜部君に何もさせてもらえなかったという感が強い。体格差がですかね。ピョンピョン飛ぶリズムはどうなのかなとも思うが、スピードはあると思うので身体を作れば面白い逸材では無いでしょうか。

嶋田君も線が細いのは否めない。準決勝では、序盤HIROYA君を追い込んだが、プレッシャーをかけられ、スタミナ切れを起こしたのでは。。。? 彼も身体をつければ面白い存在だと思います。

卜部君は、ネット等でも言われていたように今大会ナンバー1の実力者だと思う。スピードは特筆すべきものは無いが、距離感や真直ぐ打てるストレートは魅力。このストレートに日下部/HIROYA両君は苦しんでいた。

HIROYA君は、実力ナンバー1の触れ込みでプレッシャーがあったのかもしれないが、ちょっと力みすぎかな。体格は申し分ないと思う。K-1よりもボクシングのほうが向いているような気もするが、、
彼のスタイルを観ていると亀田の次男坊を思い出す。ちょっと振り回し過ぎね。あれだと壁にぶつかりますよ。
決勝の判定は、個人的には、う~んという感じ。。。。。[バッド(下向き矢印)]



ダイナマイト2008 [格闘技]

2008 大晦日のダイナマイトとTBSについてちょっと書きますよ。

先のブログでも書いたが、世界チャンピオンの坂田選手を思い切り前座扱いしているのが気に入らない。これはマジでムカついた。

以下、試合評論(えらそうですが)

○ミノワマン vs エロールジマーマン×
妥当な結果。そもそも異種格闘技戦というのは成り立たない。総合ルールならミノワ。キックルールならジマーマン、当たり前の結果です。体格差を考えると評価はできる。

×バダハリ vs オーフレイム○
そもそもバダハリが出てくるのがおかしい。無期出場禁止ではなかったのか?? 
それにしても、K-1ヘビー級王者がk-1ルールで総合の選手にノックアウト負けって、、ありえない。
引退の道しか残って無いです。

×坂口 vs アンディ○
坂口頑張ったけど、体格差ですかね。。

○マッハ vs 柴田勝頼×
経験勝ち。でも柴田はおもしろい。これってリングネームでしょ?? だとしたらなおさら面白い。ヒール路線で頑張ってほしい。

○ボブサップ vs キンニク万太郎(田中章仁)×
これまた意味のわからない演出。技術は圧倒的に田中だが、決め技が。。。。。

○ミルコ vs チェホンマン×
格が違う。もう、チェホンマンはいいよ。何も見るべきところが無い選手。

×所 vs 中村○
一番プロらしい試合だったかな。十字の取り合いは見ごたえが合った。ただ、全ての面で中村が上だった。

×佐藤 vs キシェンコ○
玄人好みの試合だが、3Rの試合展開ではない。もっと、行かなきゃ!佐藤には気迫が感じられなかった。

○マヌーフ vs マークハント×
体重差50kg で18秒KOは情け無い。ハントってパンチでは倒れないって昔は言われていなかったっけ??
これもありえないな。

×武田幸三 vs 川尻達也○
これまた、K-1ルールで総合の選手がKO勝ち。ありえない。武田は相変わらず、下からの攻撃に弱い。もしかして視覚的に問題持っているのでは?? もうこれで引退しかないです。

×武蔵 vs ムサシ○
無残! これまた引退勧告の試合。ホーストが言っていたが、武蔵は「カウンターを打たない/打てない?」「攻撃時にアッーと叫ぶ」結構笑えたし、致命的です。

×桜庭 vs 田村○
このときにはもう飽きていてほとんど流し観だったので。。。。。。
ただ、桜庭は最近いつもぼこぼこのイメージがある。体が心配。彼もそろそろ。。。。。

全体的にK-1選手の体たらくが目立った。自分の土俵で多種目選手に負けたら引退しかない。プロとしての魅力も無いし、もうだれも見ませんよ。

プロレス路線の演出はうんざり。プロレスを否定する気は無いが、リアルファイトを主張するにはいささか無理がある。やはりエンターテイメントと捉えるべきでは無いだろうか。。。。

選手の高齢化。若手の台頭が無いとこの先きついのではないかというのが正直な気持ち。

ミスマッチの多さ。打撃系格闘技と組系格闘技は基本的には交じあわない。
体重差が大きすぎるのも気になる。格闘技において最も勝敗に影響するのは体重である。その中でマークハントの結果は衝撃的ではあるが、実力差が大きかったのでしょう。

KOが多かったので面白かったようにも見えるがお粗末なディフェンスのせいだと思う。

ここまで言うならもう観るなよって感じだが、家にいたから観たまでの事。当然、アリーナに行く気はさらさら無かったし、出かけていたら録画もしていなかっただろう。 K-1の系の試合は基本的にそうです。


やっぱり、ボクシングのほうが面白いし、レベルが高いと感じたイベントだった。



魔裟斗 vs 佐藤戦検証 [格闘技]

遅ればせながら、録画しておいた10/1のK1 World Max 準決勝魔裟斗vs佐藤戦を見た。
判定に物議を醸しているが、私の採点はズバリ、ドローである。その詳細は、
1R 10-9 魔裟斗
2R 10-9 魔裟斗
3R 10-8 佐藤

そう、公式採点どおり1Rが10-10ならやはり1ポイント佐藤であろう。
私見では、
1Rは決定的なクリーンヒットは無かったが魔裟斗選手がコントロール。
2Rは誰がどう見ても完全に魔裟斗。
3Rはオープンスコアリングのため佐藤選手はポイントで負けているのがわかっているので、序盤から積極にでて、しかもそのほとんどのパンチがクリーンヒット。さらにダウンまでとって完全にラウンド前半を支配していた。
ダウン後魔裟斗選手は、驚異的な粘りを見せ、ラウンド後半を支配したのは間違いないが、9-8という採点にはいささか疑問は残る。ダウンが無かったとしてもラウンド前半の劣勢を挽回したに過ぎず、優劣の差が出たとはいい難い。。。
やはりダウンしかもダメージのあるダウンをとった佐藤選手の10-8が妥当だろう。

しかし、延長戦は完全に魔裟斗選手であったこともまた事実。
3Rですべてを出した佐藤選手。余力?のあった魔裟斗選手で差が出てしまった。
3Rでダウンを取ったとき、佐藤選手は間違いなく日本ナンバー1の魔裟斗選手に追いついた。が、そこですべてを出し尽くしてしまい追い越すまでには至らなかった。

あくまでの元プロボクサーから見たK-1の試合の採点である。ボクシングとK-1では採点基準も違うので、いち意見としてみてもらえればいいかと思う。 なんであれいい試合だったのは間違いない。

それにしても、角田氏のルール説明は苦しいですね。あれは、いかん[ちっ(怒った顔)]
http://www.kamipro.com/news/?id=1222886209



どうなる、大相撲! [格闘技]

一連の大麻騒動、ロシア人関取3人の解雇[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]、そして北の湖理事長の辞任でひとまず収束??

モンゴル人を筆頭に、ロシア、ヨーロッパ勢が大相撲界を席巻、、、このままでは大相撲の人気は低下するばかりではないだろうか、事実私は最近見ていない[バッド(下向き矢印)]

日本人を育成するよりも、他格闘技で実績のある外国人を引っ張ってきて、手っ取り早く関取を誕生させる。関取が増えれば、部屋も潤うシステムになっているので、親方陣は目先の利益にとらわれ、外国人弟子には甘いという[バッド(下向き矢印)]

指導上、褒めることはいいことだと思うが、甘やかしすぎるとマイナス面も大きいということでしょう。だからといって鞭一辺倒というのも時代錯誤していると思うが。。。。

千代の富士みたいな力士でないかなぁ、そうすれば大相撲また見るのにな[ふらふら]

千代の富士が抜けていたが、、双羽黒、大乃国、北勝海、若島津、北天佑、小錦、朝潮、琴風、寺尾、逆鉾・・・・魅力のある力士が多かったな[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]



銀メダル [格闘技]

金メダルに次ぐ2番目に価値あるもの。採点やレースと違い、トーナメント制の銀メダルって最後に直接負けて貰えるものなので、うれしさよりも悔しさのほうが数倍大きいかもしれない。もしかしたら、勝ちで終わる銅メダルのほうがいいのかもしれない。。。。

それでも銀メダルはすごいこと。 レスリング松永選手銀、湯元選手銅おめでとうございます。



No.2 や無冠の帝王って、なんか悲哀を感じて、好きなんだよなぁ。
そういえば、カーロスリベラのあだ名は「無冠の帝王」だったな。関係ないが。。。。。[パンチ]



柔道日本!? [格闘技]

ご存知のとおり、北京五輪は男子柔道は、惨敗といっていいでしょう。

金メダル2個、その他の階級はすべて1回戦負けですか。。。。。しかもほとんどが1本負け。ルールが変わり、組まない柔道になりつつあるようですが言い訳にならないですな[バッド(下向き矢印)]

小耳に挟んだ話ですが、減量がきつく、1週間サウナとかという選手もいるとか。。やっても話すよなといいたい。恥ずかしいだけでしょう。体重コントロールもできないようでは。栄養学を勉強しなさい[ちっ(怒った顔)]

また日本の選手は、相手選手を研究しないらしいですね、金丸選手と石井選手以外は。。。。
相手は研究してきているのだから、これも怠慢ではないかなと。 鈴木選手は、負けるとしたらあの体勢からとわかっているのに対応しきれていなかった。

こう考えると、なるべくしてなった結果でしょうか[ふらふら]

その中で、内柴/石井の金メダリストは救世主ですかね。 でも石井選手の勝ちにこだわる執念や努力は買いますが、柔道スタイルや話はあまり面白くないですね[バッド(下向き矢印)]

女子は健闘でしょうか?

48kg谷選手は、銅メダルで5大会連続メダルは、賞賛すべき記録であるが、谷選手レベルになると銅では「おめでとう」と簡単にはいえないですね。最も知り合いではないですけど。

52kg中村選手、谷選手以来の10代メダリストですか? もっと喜んでいいと思いますよ。 まだ先あるわけだし。

57kg佐藤選手、7位入賞、コメントするほど見ていないm(_ _)m

63kg谷本選手、70kg上野選手、連覇お見事です。2人とも4年間苦しんでの金ですから、勝ちありますよね。でも上野さん、地味すぎます[がく~(落胆した顔)] 存在感が余りありませんm(_ _)m

78kg 中沢選手、残念でした。

78kg超 塚田選手、美しく散ったという感じですが、やはりもったいなかったかな。 石井選手のしたたかさがあればと思ってしまう。 でも、明らかに石井選手の決勝戦を凌駕していた。記録より記憶か? 記録もたいしたものですが。。



井上康生 散る [格闘技]

背水の陣で臨んだ、全日本選手権。優勝しなければ北京オリンピックは絶望となる。フランス国際でも破れ、もはやここまでといわれたが、先日行われた全日本体重別では、優勝して首の皮一枚を残した。

順調に準々決勝まで進んだが、ここでドラマが起こった。判官びいきではないが、おそらく会場全体、いや日本人すべてが井上康生選手を応援していたはずだ。

一進一退の中、残り13秒のところで、会心の内股。。。。。のはずが透かされ技ありを取られそのまま押さえ込まれ合わせの1本負け。

かつてシドニーオリンピックをはじめ何度も世界を取り、世界中を震撼させた内股が最後の技になるとは、なんという因果だろうか・・・・・・・・

進退についてはまだ触れていないが、一時代が終焉を迎えることは間違いないだろう。



K1 MAX 開幕戦総評~テレビ放送限定 [格闘技]

イム・チビン vs 城戸康裕
衝撃の40秒決着。 あの膝が当たれば、どんなタフでも起き上がれない。 膝が顎に当たること自体あまり無いことであるが。。。。 城戸にとっては生涯でもう一度有るか無いかの快勝である。

アンディ・サワー vs マイク・ザンビディス
ザンビディスは惜しい星を落とした。K1がラウンドマストシステムならば確実にザンビディスの勝利だった。エキストララウンドではスタミナが切れていたようだ。
元ボクサーの選手は、是非ザンビディスの戦い方を学んでほしい。そうすればあの体たらくはないでしょう。

HIROYA vs 藤鬥嘩裟
パワー、スピード、テクニック、体格等すべてにおいて HIROYAが勝っていたと思う。鬥嘩裟は社会人を含めたキックのチャンピオンらしいがどこの団体だろうか。。。。。 昨日の試合を見た限りでは、15歳という範疇は越えていないかと思われる。まず体を作って、基本に力を入れるべきでは・・・・・ 変則派は最終的には正統派には勝てない。

ブアカーオ・ポー.プラムック vs アルバート・クラウス
接戦だったが、ややブアカーオかな。 クラウスは手数が出ていたが全てさばかれたいたように思える。 
ブアカーオの間の取り方はうまい。スピードの無いジャブで距離を測り、すかさず高速のミドル。これにはクラウスは対応しきれていなかったようである。クラウスは判定に不満があったようだが、仕方ないかな。

魔裟斗 vs ヴァージル・カラコダ
魔裟斗はほぼ完璧でしたかね。パンチはやや力みがちではあったが、あれだけ強いパンチをあれだけ回転速く回されると中々対応しきれないでしょう。カラコダもいい選手だが、魔裟斗が一枚上。魔裟斗はボクシングでも日本チャンピオンくらいになれているのではないだろうか。。。。
ところで、カラコダって世界チャンピオンじゃないでしょう。IBCってなんですか?

調べたら、WBNとかIBCとかのタイトルとっているようだが、その団体知らないし、対戦相手も2戦1勝とか、3勝20敗とか、タイトル戦できるレベルではないですね。 かといってカラコダはいい選手だと思う。ガード固いし。
http://www.boxrec.com/list_bouts.php?human_id=16924&cat=boxer

でも、K1のほうがボクシングよりも強いという宣伝をしたいのだろうけど、T川Pのやり方には賛同できませんねぇ~



K-1 プレミアム2007 Dynamite [格闘技]

K-1 ダイマナイトを見ていたが、つまらなさ過ぎる。

とにかくミスマッチだらけだ。なぜ、プロの試合にアマチュアが出てくるのかがわからない。プロも試合を受けるなよといいたい。 

桜庭 vs 船木 カードとしては魅力的だが、船木のブランクが長すぎ。全盛期であれば、面白い勝負だが、現段階では桜庭の勝利は当然である。船木は、もう少しトレーニングや試合をこなしてから桜庭に挑戦すべきである。 まだ早い。

サップ vs ボビー 放送するべきレベルではない。アマチュア同士の対戦。

魔裟斗 vs チェホンス チェホンス、少し期待したがやはり過去の人か、ボクシングでもSフェザー(58.9kg)だし、畑山の前のチェンピオンだからもう10年位前ですかね。 畑山は複雑でしょうが・・・ 確かチェホンスは一時期日本のジムに在籍していましたよね??? 魔裟斗は調子よかったです。付け入る隙がなかった感じ。

キッド vs ヤヒーラ キッド打たれて効いている部分あったが、スピードや踏み込みのタイミングとかはすばらしい。キッドは打撃系格闘技でもいいところまでいけたかもしれない。でも少し打たれ弱いかも??

ヒョードル vs チェホンマン  ミスマッチ、でかいことは武器になるが、でかいだけではね・・・・、もう少し打撃、組み技、練習しろ。

三崎 vs 秋山 これこそ、プロの試合ですね。 元柔道家同士の殴り合い。技術的には未熟な面もあるが、この日一番面白かった試合です。 秋山のワンツーで決まったかに思えたが、よく踏ん張りました。 それにしても秋山へのブーイングはすごかった。 ファンは許していないのですね。

マフーフ vs 西島 がんばれ西島。 ちなみにWBF は日本では世界チャンピオンとは認められていません。 マイナー過ぎます。 そういえば、ベルナルドも確かWBFだったような・・・・ ちなみに西島のベスト階級はクルーザー級(ジュニアヘビー級)でした。

ミノワ vs ズール 体重差ありすぎ。 格闘技において体重差は最も勝敗を分ける重要な要素である。

宮田 vs ハンセン 宮田は、残念だったが、面白い試合でした。タックルのスピードもありトラウマからは立ち直っているように思えた。 最後のスリーパーは完全に決まってましたね。

武蔵 vs アッカ  武蔵KOしてガッツポーズするな! 恥ずかしい。 芸人相手に。

田村 vs 所 やはり体重差が・・・・・・ ミドル級とライトヘビー級では試合になりません。

元プロ野球選手 vs 空手家  なにこの試合・・・・ はぁ、空手家負けたの? 恥ずかしい。 体を見てもひどい、もう出てくるなといいたい。 元プロ野球選手も場違いです。

ペタス vs 大巨人  くだらん、茶番だ・・・・・シルム自体、レベルが疑われるが、相撲まがいがいきなり打撃系に来るなっと言いたい。 打撃系格闘技を冒涜する行為だ。

では、よいお年をお迎えください。

初詣にもいってきましょうかね。。。。

 http://www011.upp.so-net.ne.jp/physicss_naga/index.htm



格闘技 ブログトップ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。