So-net無料ブログ作成

東日本新人王エントリー選手パート2 [ボクシング]

ライト級石井孝典選手(3戦1勝2敗)
現在、負け越しながらも赤丸急上昇の選手。前戦は惜しくも敗れましたが、ベストパフォーマンスを見せてくれました。その後も確実にレベルは上がっています。この選手は、フィジカルに優れボクシングに対する姿勢も非常にいいです。試合をするたびに成長するタイプだと思います。層の厚いライト級なので、厳しい戦いを強いられますが、キャリアを積みながら成長してもらいたいものです。4/15に初戦を迎えます。

ミドル級西田光選手(8戦4勝3敗1分)
ミドル級の本命の一人。キャリア、実績ともに申し分無し。6回戦をする資格も持っているし、十分通用するレベルです。その中で新人王戦に再挑戦するということは、獲得以外には無いということです。「全日本新人王」こそ2011年の命題ということを忘れずに1年を戦い抜いてほしい。超スーパーシードでトーナメント準決勝から登場。唯一の不安は、試合間隔が空いてしまうこと。なんとか1試合挟みたいものです。


新人王を獲得したところで、ボクシングだけで食べていけるようになるわけではないですが、間違いなく人生を変えるイベントですよ!

目指せ「全日本新人王」!!


2011-03-31 14:43  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。