So-net無料ブログ作成

ホープフルファイトⅦ結果 [ボクシング]

結果から言うと2勝1KO2敗1分と決していいものではなかった。

自主興行時はメイン以外はずっと控室にいるので、他の選手の試合はモニター越しで観ることになる。当然ずっと見ることはできないので、観ることができた部分で評価せざる負えない。

田中選手 1RKO勝ち
あっという間に倒してしまいました。元々才能のある選手です。その才能がいい方向に向かった結果だと思います。いまどきの若者ですが、聞く耳を持つという長所も持っています。

中島選手 4RTKO負け
移籍しての再起戦でしたが結果は残すことはできませんでした。モニター越しからはスピードも切れももありいい感じかなと思いましたが、懐の深いサウスポーに対し、距離感が合わなかったようです。才能もある努力家です。すぐ再起して6回戦を目指してもらいたいものです。

西田選手 4Rドロー
技術的な成長が著しい西田選手。開始早々ダウンを奪い、圧勝の気配でしたが、後半消極的になり三者三様のドロー判定になってしまいました。この結果は反省しなければならないでしょう。基本的には4回戦でダウンを奪いながらポイントアウトされることは絶対に避けなければいけません。とはいえ判定自体が不可解なものではあったように思える。記憶が正しければこの試合の採点は、39-36, 38-38, 37-38  割れるにも程があるなぁ。。。


2010-11-26 00:52  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。